肩こりや腰痛は足つぼで治るか

足つぼ関連の書籍を読んでいると肩コリや腰痛も足つぼで治る旨の記述が見受けられます。また、サロンのホームページでもそのような宣伝が見られます。

 

足には肩関連の反射区として、肩関節、僧帽筋、肩甲骨があり、腰関連の反射区としては腰椎、仙骨、尾骨、骨盤があります。肩コリや腰痛がある人は、これらの反射区がかたくなっていることが多いのは事実です。そしてこれらの反射区を揉みほぐしていけば、コリはなくなり、痛みはなくなるということになるはずです。

 

筆者はタイ・バンコクで、非常に痛い足つぼを受けることがあるのですが、ものすごい痛みで、本当に涙が出て来るのですが、効果は抜群で、施術が終わると体は軽くなっているし、それまで出ていた腰痛もすっかりなくなっているのです。初めて受けた時は「これはすごい」と思ったのですが、残念ながらこの効果は長続きせず、このサロンを出て30分も歩いていると、また腰痛がぶり返してきたのです。

 

まず、なぜ腰痛が起こるのかを考えなければなりません。先般もテレビでやっていましたが、腰痛の80%は原因がわからないそうです。最近では心的ストレスも腰痛の原因になるということがわかってきたそうです。整体やカイロの先生の意見としては「骨格のゆがみ」ということになりますし、内蔵から来ているもの、ヘルニアのように骨そのものの異常とさまざまなことが言われています。この件については後述するとして、いずれにしても「足つぼが原因で肩コリや腰痛が起こる」という訳ではないのです。

 

足つぼが原因でない以上、足の反射区をほぐしてコリや痛みを取り除いたとしても、効果は一時的なもので、根本原因を取り除かない限り、また痛みは出てくるということです。某流派の出している本には「2週間も続けて来て、施術を受けて安静にしていると腰痛はほとんどよくなる」ということが書かれていましたが、実は何もしなくても2週間も安静にしていると腰痛は治まります。どんなにひどい腰痛でも一生続く腰痛というのは実は皆無で、2週間もすると筋肉の異常緊張は減少し痛みはなくなるのです。腰痛がよくなったのは実は足つぼの施術が大きな効果をあらわしたのではなく、安静にしていたからで、足つぼはそれを手助けしたにすぎないと考えた方が妥当です。

 

話は少し脱線しますが、整体やカイロも実は同じで、施術によってというよりは時間が経つことで改善し、施術は多少治りを早めたと考えるべきです。これは腰の筋肉が異常緊張を起こしている時にどんなに揉みほぐしてもまたすぐに元に戻ってしまうことを考えるとわかると思います。